キャッシングの基礎知識から知る、キャッシュカードやクレジットカードの違いまで

キャッシングについての基礎知識ってどんなことがあるのか?
キャッシングの基礎知識について

キャッシングとは?

キャッシングとは、銀行や消費者金融から借りることで現金を手に入れることができるサービスのことです。
借入金額に応じて、利息や手数料が必要になります。

キャッシングの種類

キャッシングには以下のような種類があります。

  • クレジットカードキャッシング
  • カードローン
  • 銀行カードローン
  • 消費者金融のカードローン
  • 信販系カードローン

キャッシングの利用条件

キャッシングを利用するためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 年齢が20歳以上であること
  • 安定した収入があること
  • クレジットヒストリー(過去の借入履歴)が良好であること
  • 借入限度額を超えていないこと

キャッシングのメリットとデメリット

キャッシングのメリットとデメリットを以下に示します。

メリット

  • 急な出費に対応できる
  • 旅行や買い物、飲み会などで現金を使える
  • 急な車の修理や家電の故障など、予期せぬ出費に対応できる

デメリット

  • 高い利息や手数料がかかる
  • 返済期限を守らないと、延滞料が発生する可能性がある
  • 借入金額が膨らむと、返済が困難になる場合がある

まとめ

キャッシングは、急な出費に対応するための手段として利用できますが、利息や手数料が高く、返済には注意が必要です。
必要以上に借りすぎないように、計画的なキャッシング利用を心がけましょう。

キャッシングで使うキャッシュカードはどのように使われるのか?
キャッシングで使うキャッシュカードの使い方について教えてください

キャッシングで使うキャッシュカードの使い方

キャッシュカードは、キャッシングを行う際に必要なカードです。
以下に、キャッシングで使うキャッシュカードの使い方について説明します。

キャッシュカードを発行する銀行や消費者金融に申し込む

キャッシュカードを利用するためには、まずキャッシュカードを発行する銀行や消費者金融に申し込む必要があります。
申し込み方法は、オンラインや店舗にて行うことができます。

ATMでキャッシュカードを使ってキャッシングする

ATMでキャッシングする場合、キャッシュカードをATMに挿入します。
その後、指示に従って必要な情報を入力して、希望の金額をキャッシングすることができます。

ペイメントでキャッシングする

キャッシュカードを利用したペイメント(支払い)が可能な場合、キャッシュカードを提示するだけでキャッシングすることができます。

キャッシュバックを利用してキャッシングする

キャッシュバックを利用してキャッシングする場合、店舗やクレジットカードでキャッシュバックサービスが行われる場合に、キャッシュバックを利用してキャッシングすることができます。

クレジットカードでキャッシングする

クレジットカードでキャッシングする場合、クレジットカード自体がキャッシュカードとなり、指定された口座に直接振り込まれます。
キャッシング枠がある場合にのみ利用できます。

以上が、キャッシングで使うキャッシュカードの使い方についての説明です。
キャッシングは、短期間での資金調達には便利なツールですが、返済には注意が必要です。
必ず返済期限を守り、借り過ぎには気をつけましょう。

ATMでのキャッシングの手続きはどのように行われるのか?
ATMでのキャッシングの手続きについて詳しく解説します(消費者金融即日融資に関するテーマ)。

ATMでのキャッシング手続きの流れ

1. キャッシュカードを準備する

キャッシングを利用する際には、事前に発行されたキャッシュカードが必要となります。
キャッシュカードは口座開設時に発行され、カード裏面には暗証番号が記載されています。

2. ATMを操作する

キャッシング手続きは、口座の残高以上の現金を引き出すことができるATMで行えます。
ATMにカードを差し込むと、画面に操作指示が表示されます。
指示に従い、口座番号や暗証番号を入力します。

3. キャッシング枠を選択する

キャッシングを利用する際には、事前に設定されたキャッシング枠の中で現金を引き出すことができます。
キャッシング枠は事前に申し込みをして設定しておく必要があります。
ATM操作時に、利用したいキャッシング枠を選択します。

4. 現金を引き出す

キャッシング枠を選択すると、画面に現金引き出しの指示が表示されます。
現金を引き出す額を選択し、ATMから現金を受け取ります。

注意点

  • キャッシングは、口座残高以上の現金を引き出すことができるため、借金と同じようなリスクがあります。
  • キャッシング枠の設定前に、金融機関のホームページや窓口で利用条件や手数料について確認しましょう。
  • キャッシング枠設定後も、利用額に応じて利息や手数料がかかることがあります。

クレジットカードとキャッシングの違いって何なのか?どちらを使う方がおすすめなのか?
クレジットカードとキャッシングの違いと使い方について

クレジットカードとキャッシングの違いとは?

クレジットカードとは?

  • カード会社が提供するサービスで、買い物やサービスをカード会社が先払いして、利用者は定められた期限までに返済する形式のもの。
  • 買い物やサービスができる他、ポイントやマイルなどの特典があり、利用者にとってお得な面がある。
  • 返済期限までに返済しなければならないが、返済金額に応じてボーナス分割払いやリボ払いなどの返済方法もある。
  • クレジットカードの返済が遅れた場合、年利20%以上の高金利が課される場合がある。

キャッシングとは?

  • 貸金業者が提供するサービスで、現金を借りることができるもの。
  • 利用者は借りた金額に対して利息を払う必要がある。
  • クレジットカードと同じように、返済期限までに返済しなければならないが、返済金額に応じてボーナス分割払いやリボ払いなどの返済方法もある。
  • キャッシングの利用が多いと、信用情報としてマイナスとなることがある。

どちらを使う方がおすすめ?

  • クレジットカードは、買い物やサービスでポイントをゲットできるため、利用者にとってお得な面がある。
  • 一方で、キャッシングは現金を借りることができるため、突然の出費に対応できる。
  • どちらを使うかは目的によって異なるため、自分の目的に合ったものを選ぶことが大切。

まとめ

キャッシングは、銀行や消費者金融から現金を借りるサービスで、利息や手数料が必要。種類にはクレジットカードキャッシングやカードローンがあるが、利用には20歳以上で安定した収入が必要。メリットは急な出費に対応できることだが、デメリットは高い利息や延滞料などのリスクがあるため計画的な利用が必要。キャッシュカードはATMからの現金出しやキャッシング業者での借入に使われる。

借入れ返済シミュレーション

返済金額計算

借入額、返済日数、金利より毎月の返済金額を計算します

  • お借入希望額
  • 万円
  • 例)10万円
  • ご返済期間
  • ヶ月
  • 例)12ヶ月
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます

返済期間計算

借入額、返済金額、金利より毎月の返済期間を計算します

  • お借入希望額
  • 万円
  • 例)10万円
  • ご返済金額
  • 千円
  • 例)8千円
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます

借入可能額計算

返済回数、返済金額、金利より毎月の借入可能額を計算します

  • ご返済金額
  • 千円
  • 例)8千円
  • ご返済期間
  • ヶ月
  • 例)12ヶ月
  • 金利
  • %
  • 例)10%
こちらに結果が表示されます
おすすめ記事
Zenyaren