やきとり徒然ブログ - 2018.09.08

【宮城】仙台・炙屋十兵衛 S-PAL店

お世話になっております。
「やきとりスタジアム東京」名誉館長の、はんつ遠藤です。
株式会社ハミングバード・インターナショナルという飲食企業があります。宮城県仙台市の企業で、1957年に仙台駅前に「キッチン エリーゼ」を創業。その後、「ハミングバード」「南欧バル INATÕRA」「うどん酒場 七右衛門」など10数店舗を運営しています。そのうちの1ブランドが「炙屋十兵衛」。本店が二日町で、三井アウトレットパーク仙台港には親子丼スタイルで出店。
以前から気になっていたので、ちょうど仙台に取材撮影に行った帰りに、仙台駅のS-PAL店に伺いました。


古材を用いたちょっぴり贅沢な空間で、東北の美味しい料理が味わえるようです。


メインは秋田比内地鶏のやきとりなど。


きちんとおしぼりが出てくるのも嬉しいです。


まずは、サントリープレミアムモルツで、おつかれ~♪


ふとメニューを拝見すると「宮城県産二色パプリカの和風ピクルス」なるクイックメニューが。
宮城県はパプリカの生産量が日本一なのだそう。知らなかった。世の中、知らないことだらけです(汗)


すぐに登場。一度炙ってひと手間かけています。さすが「炙屋」!香ばしさも良かったです。大きめカットも良かった。


そして「比内地鶏の五本盛り」もちろん炭火焼き。


ねぎま・・・塩なので、比内地鶏の旨みが良く分かります。弾力もあって、さすが比内って感じです。


砂肝・・・コリコリとした食感。これはブロイラーとの差はよく分からなかったけど、良い箸休めにもなります。


ささみ山葵・・・大きめで良いですね。中が少しレア。しっとりとした上質なささみでした。


とり皮・・・脂のノリが凄く良くて、さすが!って感じです♪


手羽先・・・ジューシーで旨みたっぷりで、素晴らしかったです。


16時半すぎという、中途半端な時間に訪問したので、お客さんは僕だけ。
でもそんな状態でも、きちんと炭をおこしていて、スゴイなーと思いました!(11時~23:30の通し営業なのです)

当日は日帰りで、その後にすぐ東京に戻らないと行けなかったので、あまり飲めませんでしたが、地酒も揃っているみたいなので次回はガッツリゆっくり伺いたいです。

おいしかった!! ごちそうさまでした!!


炙屋十兵衛 S-PAL店
仙台市青葉区中央1-1-1 仙台駅B1F
022-715-5039
11:00~23:30 (L.O.23:00)
無休

  • このエントリーをはてなブックマークに追加