やきとり徒然ブログ - 2018.09.14

【新潟】燕・阿蘇

お世話になっております。
「やきとりスタジアム東京」名誉館長の、はんつ遠藤です!


急に新潟は燕&三条に伺う事になり(お仕事は昼間です)、せっかくなのでダメ元で当地在住の知り合いに連絡したところ、調整してくださって宴席となりました。


燕三条駅に迎えに来て下さり、向かった先は「阿蘇」という居酒屋さん。
最寄り駅は燕駅みたい。しかしそこから約3㎞。歩いたら約40分。しかも住宅地の中という、地元の人じゃないと知らないような1軒。
でも、地元じゃ大評判の1軒。
女将さんが熊本出身なので、阿蘇なんだとか。


参加者は
梨本さん(三条カレーラーメン王国という地域おこし団体の代表)
齋藤さん(燕の釜飯研究家)
矢代さん(カレーラーメンの歌を歌うシンガーソングライター)
松本さん(ラーメン潤 店主)
という、なんだかよくわからないけど、凄いメンバー。


私、めざとく、串焼き盛合わせを見つけたので、オーダー。


豚&鶏の合わせ技でした。


白モツや豚レバーなど、大きくてワイルド。
竹串のほか、ステンレス串も使用していますが、なにぶん大きいのでまるでバーベキューのよう。


鶏皮やつくねもありました。
よく、やきとりは串から外すな(すぐに冷めるので)というけれど、これだけ大きかったら外してシェアしてもいいかも。


他にも唐揚げとか馬刺しとかいろいろオーダー。


で、やきとりブログなのに、なんですが、実は燕市は「釜飯」を提供する店舗が数多くて、釜飯の市なんだそう。
参加者の齋藤さんは燕市観光協会の方で、それに気づいて調査をし、ついに2018年8月「釜飯マップ」まで作り上げたそう。11店舗あります。
釜飯マップができました!


こちら「阿蘇」は昭和50年代の創業。
釜飯も人気です。


釜飯があるお店で飲み会があった時は、家族に釜飯のお土産も買って帰らないと燕では大変な事になるそう(^_^)


世の中、まだまだ知られざるご当地グルメはあるなーというか、世の中にスゴイ人がたくさんいるなーと思った夜でした。

ちなみに「ラーメン潤」は燕市はおろか、東京、ドイツなど様々な場所で展開していますが、その創業店が、住宅地である「阿蘇」の数軒隣の向かいあたりの、自宅改造店舗だったという事実も伺い、衝撃を受けたりもしました。


おいしかった!! ごちそうさまでした!!

阿蘇(あそ)
新潟県燕市花園町4-5
0256-63-9229
17:00~23:00
定休日:月曜日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加