やきとり徒然ブログ - 2018.10.07

【東京】有楽町・やきとりスタジアム 東京

お世話になっております。
「やきとりスタジアム 東京」名誉館長の、はんつ遠藤です!

早いもので6月にオープンした「やきとりスタジアム 東京」ですが、もう10月。月日はあっという間に過ぎて行きますね。
というのも、昼間の会議では月に何度も来ておりますが、実は夜にキチンとお客さんの立場で来たのは初めて(汗)。
というわけで、初めてご紹介させていただきます(大汗)。


住所は
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-3-5
aune有楽町 5F

JRの線路と晴海通りが交差するあたり。携帯電話のauや、ファミレスのジョナサンが入っているaune有楽町というビルの5階です。
夜景も綺麗です。写真撮り忘れました。すみません。。


コンセプトは全国のご当地やきとりを、世界に紹介するという事。
スタッフ誰もが何も言いませんが、僕はこの天井のオブジェは、絶対に国技館とかの土俵の上にあるヤツを模倣したと思ってます。言っちゃった(^▽^)



「はんつ遠藤様・・・」と書かれた紙が飾られておりました。
これは僕だからじゃなくて、予約すると全員に行うサービスのようです。
アットホームで、良いですね♪


まずは、お通し。
一人分です。


さて、やきとりですが、以前に大手町にあった「全や連総本店 東京」と決定的に違う点は、
まず第一に炭火も使用する点。そして第二に保温台が登場する点。
この、やきとり保温台が凄いんです。基本的に塩の串を乗せるんですが、ちゃんと保温される。

その上には、北海道・美唄たつみのもつ串、埼玉・東松山ひびきの串セット。


次に、愛媛・今治まる屋のとり皮。


さらに、山口・長門ちくぜんの四つ身(手羽元)。


そして、メインは彩の国黒豚Tボーンの火山焼!!
スゴイですよね。火が出てる。。
実はこれ、フランベという手法なんです。ブランデーを上から注いで火をつけて、香りを加えるというもの。


蓋を開ければこんな感じ。


大手町から格段に進化した「やきとりスタジアム 東京」
次回はまた違った料理などをご紹介したいと思います!


やきとりスタジアム 東京
https://www.yakitoristadium.tokyo/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加