やきとり徒然ブログ - 2018.10.14

【東京】金町・伍味酉

お世話になっております。
「やきとりスタジアム東京」名誉館長の、はんつ遠藤です!

先日、久々に葛飾区の京成金町駅へ。
超高層マンションが建ったりと変化著しい南口ですが、京成線の線路の西側は相変わらず昔ながらの素敵な雰囲気を残しています。


その一画にあるのが「伍味酉」(ごみとり)。
1979年(昭和54年)創業。
創業したのは六本木「鳥長」で修行を積んだ久保十志夫氏。
今は息子の久保大介さんが継いで、日々、美味しいやきとりを提供なさっています。


まずは生ビール、そしてお通し。


さび焼。
わさびの風味がぴったり。


串リフト協会の流儀に乗っ取って、縦バージョンも。


にらつくね。
にらの風味が爽やかに加わってます。


せせり。
ぎゅっと詰まっていてびっくり。


山田錦で40って・・・(汗)


血肝。レバーですね。ふんわり♪


今夜喰巻。こんにゃく巻ですねw 名物。


伍味焼(秘伝特製味噌)。秘伝特製みそダレで味わうかしわは絶品。
これだけ値段表示があるんです。210円。


他にもいろいろ日本酒をいただき、


いろいろ料理もいただき。


センベロ的な居酒屋さんが多い金町ですが、異彩を放つ正統派のやきとり店。
でも、実はアットホームで下町っぽい雰囲気もふんだんなやきとり店なのでした。


おいしかった!!! ごちそうさまでした!!!



伍味酉
東京都葛飾区金町5-36-9
03-3600-8997
  • このエントリーをはてなブックマークに追加