やきとり徒然ブログ - 2019.02.14

【岐阜】岐阜・みずき

【はんつ遠藤のA級グルメシリーズ】
日ごろB級をウリにしているので、こっそりUP\(^o^)/w
・・・
先日、A級グルメに行きました。
弊社は創業以来、代々の社訓で「A級グルメは奢ってもらうべし」というのがあるため、日頃は自分では行きません。
(ウソ、弊社が創業以来10年間全て赤字のために行けないだけ。ていうか、創業者、僕です(^▽^;)
でも、今回は岐阜で仕事があった関係で、知り合いと飲みに行くことになったというわけ。
(なので、なんと今回はジバラです!!)
・・・
指定されたのは「みずき」というやきとり店。
食べログで調べたら岐阜市1位。3.84。
スゴイです。ミシュラン岐阜があったら、文句なくビブグルマンにはなっているであろう雰囲気です。


ドリンクメニューを拝見したら、珍しくサッポロ赤星があったので、オーダー。
僕はそんなでもないですが、赤星があると超喜ぶ方って多いですね~。


お通しにも気合を感じます。
すでに菜の花かー!


6種盛りで、すでに大満足。
(雲丹の飛騨牛巻きや砂肝、ハツ、白肝のペースト、ササミなど)


そんな中、知り合いが、ポツリと言ったんです。
「はんつさん、実は悩んでいることがあるんだ。。」

聞きましょう!
美味しいやきとりを頂きながらならば、必ずや解決方法が見つかるはず!!


鶏ムネ肉たたきポン酢や、鶏のクリームコロッケ トマトソース添えが来ました。
一品料理の腕も素晴らしいです。


「実は、お客さんに怒られたんだ」
彼は飲食店を切り盛りしています。

そういう事もあるよー、と僕。
すると「いや、違うんだ。。お客さんに、少し静かにしてくれ!って怒られた!!」

はー?なんだそりゃー?

ここから、串がスタートしました。
ジューシーなつくねや、弾力が楽しい軍鶏など。


「僕はいつも、お客さんと楽しく会話をしながら、お店をやっているんだ」

知ってます。そんな彼の魅力に惹かれてとてもファンが多いお店です。


せせりもはつ元も肉厚で旨味たっぷり。


「そしたら、お客さんが『僕は4回めだけど、こんなにうるさい店内は初めてだ!僕は料理に集中したいので、少し黙ってくれ!!と。。
そんなわけはないんだよ。僕が黙って働いてる時が3回続いてたっていうけど、あり得ない。。」

すげー、お客さんに「私語禁止」というお店は聞いたことあるけど、
お客さんがご主人に「私語禁止」というお店は、初めて聞いた!!


野菜チームも登場。
しいたけや金針菜などの野菜もコク豊かで、しかも良い箸休めに。


「おまけに、お金払ったんだから外に持っていって、外で食べていいか?」って聞かれたー。。
そりゃダメだよ。保健所に怒られちゃう。


手羽で串は終了。


「嫌な客が来るたびに、お店に張り紙を増やしていったんだ。
たとえば、電話しながらの食事は禁止とか、料理はひとり一品以上とか。。
でも、今回ばかりは、どうしたら・・・」

分かった。僕には解決方法が分かった!

そして、真鴨が登場した瞬間、僕は真顔で言った。←いちおう、かけてみたw


よし、張り紙しよう。無言禁止!!!
「はーーー???」


そして、〆ごはん。
僕はドライカレーに。
親子丼も美味しそうでした。


ほら、あれだよ、私語禁止の逆バージョン。3分無言で食事したら出入り禁止とか!!

「おおおお!!!」

さっきみたいに静かにしろって言ってきたら、張り紙を指さして、お客さん、ここに書いてありますよね?とか!!!

「うおおおお!!!」


最後にアイス最中。中には抹茶アイスと苺と餡が。
もう、凄すぎる。素敵なお店でした。


・・・
フードジャーナリスト的に感想を言えば・・・
これから知り合いのお店ではお客さんが必死に何か話そうとし出すだろう。
3分以内に何か話さないと出禁だと思い、必死に2分30秒くらいで「お、美味しいです!!」とかいうだろう。
その時、知り合いは「聞こえない!!」と言うかもしれない。
するとお客さんが「美味しいです!!」と叫び・・・
そんなお店になるのだろうか。じっと手を見る(おい!)
・・・
A級グルメシリーズ、次回誰か連れて行ってくれるまで、さようなら~~\(^o^)/www


焼鳥 みずき
岐阜県岐阜市神田町3-9 岐阜屋ビル2F
058-264-0715
  • このエントリーをはてなブックマークに追加