やきとり徒然ブログ - 2019.03.14

【東京】有楽町・やきとりスタジアム東京(ぎんねこ)

お世話になっております。
「やきとりスタジアム東京」の名誉館長、はんつ遠藤です!

今から6年ほど前でしょうか、僕は北海道・旭川で「ぎんねこ」というやきとり屋さんに伺いました。
全国各地にいろんなご当地やきとりがあるのを知って、その一つに旭川「新子焼き」というのがあると聞き、伺ったというわけです。
旭川駅から徒歩約10分。「5・7ふらりーと」という通り沿い。
昭和25年創業。というので老舗の怖い雰囲気かと身構えて伺えば、確かに昭和の佇まいながら、3代めの久保竜弥さんがニコニコしながら焼いていて、アットホームな雰囲気に溢れててホッとしました。

そんな感じで知り合いになった「ぎんねこ」さんが、なんとびっくり「やきとりスタジアム東京」の月一イベントに来てくれるというので、喜び勇んで行きました!
名誉館長といえども、もちろんジバラです(笑)
「やきとりスタジアム東京」では月に一回、全国からやきとり屋さんが来て、
カウンター8席のみの特別室限定で、イベントをするのです。


先月の「鳥小屋」さんの回も行ったのですが、その報告は別の場所に書く予定。
ていうか、いつもは1日限り(2交代制)なんですが「ぎんねこ」さんは人気なのもあり、3日間の開催!!
3日めの2回転めを「ぐるなび」で1名で予約して伺いました\(^o^)/ コース料理6000円(税込)+飲み物税別。


ちなみに知り合い3名いました\(^o^)/
うち1名は、前日15時までしか予約は受け付けてないのに、前日夜に「今、気づいた!名誉館長なんだから、なんとかならないか?」とDMをよこし、そんな事を言っても8席しかないので無理なものな無理なんですが、超法規的措置で、受付係さんにDMしたら、当日に1名キャンセルでたみたいで、大丈夫だった(^▽^;(秘密だけどw)
良かった。。まぁ、1名なんで、ホントに無理だったら僕の席を譲ろうと思ってましたが♪

というわけで、当日に店舗へ。


コースメニューは、こんな感じ。


ニコニコ久保さん(左)と久々の再会。
そんな久保さんに輪をかけてニコニコした森内巧二さん(右)
なんと、、旭川のラーメン三日月の店主。。
ご存知でしょうか?三日月。
あの、有名なラーメン店「山頭火」の元社長(元会長)の、娘婿さんです。。←言っていいのか?
うわーー、初めてお会いしました!!
今回のイベントは、二人のコラボなんだとか!!


というわけで、泡からスタート。


「北海道 三種オニオン・スライス食べ比べ」
ヤバいです。最初からマニア全開。
レッド、札幌黄、ホワイトという北海道のオニオンだそうだ。
確かに、味は違う。ていうか、マニアックすぎる(^▽^;


「北海道 じゃがバター&いかの塩辛」
いやいや、説明聞いたら、またマニアック。
越冬じゃがいもと発酵バター、そして布目の「社長のいか塩辛」、だそう(汗)


最初から北海道パワーに押しつぶされそうになったので、とりあえず、普通の生ビールで冷静さを保つ僕。。


「江丹別 伊勢ファームの酒粕ブルーチーズ」
高砂酒造の酒粕を用いたブルーチーズなんだとか。ヤバい、どんどん攻めてくる。。


酒粕ブルーチーズを頂いたら日本酒が飲みたくなった。。
「じゃあ、とっておきのを」を久保さん。

「男山 仕込116号 今朝ノ酒 三月一日搾り」
仕込み期間のみ男山酒造り資料舘限定で販売している生原酒だそう。へぇぇぇぇ。
数本、抱えて、持ってきたそう♪♪
大辛口って書いてあったけど、そうでもなかった。辛めだけれど、ふわっと甘みも。


ここまで読んだだけでも、久保さんがどんなにマニアックな方か、分かりますよねw
でも、僕は知ってるんです。彼のマニアックさは、こんなもんじゃないことをww
なにせ、旭川の方なのに、大学が「琉球大学」ですよ!!!
その理由がスゴイ。
「一番、遠い国立だから」\(^o^)/www

すると登場。
「道産 豚肩ロース使用 ちゃっぷ焼き」
旭川名物の焼き豚料理。昭和20年代に誕生。ポークチョップなんですが、力道山のチョップとかけて、チョップ焼きとして売り出してて、なぜか次第に「ちゃっぷ焼き」になったという、良く分からない旭川名物ww 甘めのタレもGOOD♪


「和寒町 越冬キャベツの浅漬け」「三升漬」
箸休めなんですが、真面目すぎて休まらない(笑)


けっこう酔いました。
するとメニューには無い珍味が!!
「南部の、鮭とば、ほっき貝の燻製、甘えび寒風干しなど」
旭川の諸国名産珍味南部という会社の珍味が。。もう、大盤振る舞いだー。。


そんな事を思って、ふと久保さんを見たら、ぎえええ、笑ってない。真剣だ!!あ、目の前に、新子焼きがーーー!!


そして「新子焼き」
メインディッシュですよ。
ご存知でしょうか?新子焼き。
北海道伊達産の若鶏の半身を豪快に炭火で手焼きした旭川のご当地やきとり!!!


ワイルドだぜーー。。。


でも若鶏なので優しさ溢れるぜー。。。


ていうか、もう食べきれないぜーー。。。←すみません、ちょこっと食べて、ほとんどテイクアウトさせて頂きましたm(__)m


もう、飲むしか。。
「純米 吟風 国稀」
最北の蔵だそう。。日本酒、大好きなんです\(^o^)/


もう、大満足です。
と思った瞬間に「三日月の辛塩ラーメン」が登場!!
おおお、やはりお義父さんのあれに似ている!!!


もう食べきれないと思いましたが、ミニサイズなので、美味しく頂きました♪
独特の塩白湯スープに、低加水的なちぢれ麺。
いいですねー。旭川のお店にも伺わねば!!!


辛味調味料もいいですね!!!味変アイテム♪♪♪


最後のデザートが「旭川銘菓の盛り合せ」だったのも良かったです。ていうか笑った。なにもそこまでみたいな突き詰める感じが素敵(^▽^;
共成青果の「旭豆」、北かりの「かりんとう」、スノークリスタルの「クレームブリュレ」、そして高橋製菓の「ビタミンカステラ」



2時間半の旭川名物オンパレード。
なのに窓の外には有楽町(笑)
「ぎんねこ」さん、「三日月」さん、ありがとうございましたー\(^o^)/


4月の月一イベントも楽しみです♪


おいしかった!!
ごちそうさまでした!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加