やきとり徒然ブログ - 2019.07.29

【東京】竹ノ塚・味処げん

お世話になっております。
「やきとりスタジアム東京」名誉館長の、はんつ遠藤です!

以前、竹ノ塚に伝説のやきとり屋さんがありました。
その名は「げってん」
西新井大師に「博多もつ鍋 げってん」というお店があり、その2号店というかやきとりバージョンで、げってんのご主人が自ら焼いておりました。

スナックの居抜きのような店舗で、期間限定で終了。
それが、「げん」と店名を変えて再登場したようです。ていうか、「って」は何処に?(^▽^;


場所は竹ノ塚と西新井の間あたりの、東京都足立区六月。
「そば一森」の南隣りで、もともと「ひょうたん」という居酒屋さんがあった場所です。
(Googleマップだと微妙に店舗の位置が間違ってます)

なので、店内もカウンター&小上がりで、和の空間。


ご主人もお元気そうで良かったです!


まずはお通し的な枝豆。豆の感じもしっかりとしていて美味しいですね。


メニューを拝見すれば、串以外にも一品料理がたくさん。


自家製レバーペースト
確かにやきとり屋さんなのでレバーあるけど、そう来たか!
フランスパンとレバーペーストで、フランス料理やさんみたいです。


焼皮ポンズ
しっかりとした弾力の鶏皮で、食べ応えあり。


もも肉タタキ
そういえば、青森シャモロックなのです。
なので、なめらかな弾力と旨みが素晴らしい。。
甘めの醤油で、いただきます!


こちらが串メニュー。300円超えですが、青森シャモロックなので当然ですね。


と思った矢先に、なにやら炭火で焼いています。けっこう時間がかかる。


大手羽
まさに大きな手羽。手羽先から手羽元まで。これで600円はお値打ちです。
まさしくワイルドな弾力。鶏メニューの世界チャンピオン的な主役級の一品。
これは、「げん」名物として大々的に売り出したほうが良いのではないでしょうか?
と思ったけど、青森シャモロックの中抜きマルを一羽まるごと仕入れなんで、一羽で2本しか提供できない。。
大盛況になっても、毎日限定2本なのか?(大汗)


ハツ、砂肝、レバー
なるほど!


ささみ、つくね、ねぎ間。
「げん」さんでは、特に肉系が美味いですね。きちんと仕入れてきちんと手間をかけて仕込んでいる賜物ですね!


いやー、鶏料理とかやきとりっていいですね。
と、これまた思った矢先に、海鮮巻。。。
これが、また旨い。。
ご主人は海鮮の経験もあるみたい!


盛り上がってるぜーー!!!(言いたかっただけ。すみません 汗)


まだオープンしたてなので一見でも入れそうですけど、貸し切りもあるみたいなんで、電話が確実です。
竹ノ塚駅からも西新井駅からも徒歩約15分。大手羽、イチオシ\(^o^)/

おいしかった!! ごちそうさまでした!!


味処 げん
東京都足立区六月3-5-8
03-3850-0995
17:00~24:00
定休日:不定休
  • このエントリーをはてなブックマークに追加