やきとり徒然ブログ - 2019.09.29

【北海道】札幌・グリルサーカス18

お世話になっております。「やきとりスタジアム東京」名誉館長の、はんつ遠藤です♪
札幌に取材に行った夜、「グリルサーカス18」へ向かいました。
こちらは8月1日にオープンしたばかり。
写真で見る限り、香川の「骨付鳥」なんですね。
札幌では居酒屋さんで提供しているところはあるけれど、専門店はまだ無いみたいなので、どんな感じなのか気になっていたのです。
というわけで、店舗のある場所へ行ってびっくりです。
以前にJALの取材でお世話になった、ミシュラン1つ星のフレンチ「meli melo」と同じビル(Nメッセビル)。
すすきのに近い、狸小路の3丁目。
5階にあるというので、看板をじっと眺めれば、、あ、ありました。うわぁ、分かりづらい。。


ドキドキしながらエレベーターを昇ると、確かにありました!
超隠れ家系かよ(笑)


玄関に貼られた大きな肉写真を見れば、確かに骨付鳥。
でも、厚真町のあつま鶏を使用している点が、北海道っぽい。


というより9月30日まで味付けが18種類??


ちょっと驚いて店内へ入れば、これまたびっくり。商業ビル5階の超隠れ家的立地にもかかわらず、お客さんが結構います。


とりあえず、生ビール。やっぱりサッポロなんだ♪


ブラックボードには、一品料理も書かれていました。


厚真町といえば、昨年の北海道胆振東部地震で震度7と一番ひどい揺れを観測し、甚大な被害が出た地。
ご主人曰く、「復興支援の意味もあり、厚真町の鶏を使いたかった」のだとか。


もちろん親鶏もありますが、今回は若鶏を頂きました。
オリジナルテイストを試したくて、、、

まずは、にんにく。
思ったとおりの味わいです。
香ばしく焼かれた骨付鳥の風味と、ジューシーで柔らかい肉質はもちろん、そこにこれでもかと、ガーリックテイストが合わさっています。わりとオイリーな感じは香川っぽい気もしますが、にんにくがとても強いので、別物に感じますね。


つぎに、バジル。
これも思ったとおりの味わい。
さきほどの骨付鳥の旨みに、今度はバジルテイストが合わさっています。
僕は慣れているので、丸のまま切らずに登場しても自分でできますが、北海道の方はまだ骨付鳥自体が初めての方も多いようなので、基本的には切って提供なさっているみたい。


18種類の味付けが9月30日までなのが残念だけれど、
レギュラーの他に何種類が独自性があるメニューが残ったらいいなと思いました。
そしたらゆくゆくは、札幌ご当地料理として定着するかも。
(北海道産の鶏を使用している点もGOOD)

まだオープンして2カ月ですが、すでにリピート客が多くなってきているようで、今後の展開も楽しみです。

美味しかった!! ごちそうさまでした!!


グリルサーカス18
北海道札幌市中央区南三条西3-11 Nメッセビル 5F
011-213-8500
  • このエントリーをはてなブックマークに追加