やきとり徒然ブログ - 2016.03.06

福井「秋吉」敦賀中央店へ行きました

お世話になっております!
名誉館長の、はんつ遠藤です。

先日、福井県に取材撮影に伺いました。
福井県と一口に言っても広いです。
今回は敦賀市と、それより以西の、美浜町。

なので、ホテルは敦賀市に取り、やきとり店へと向かいました。

というのも
実は、福井県は人口ひとりあたりのやきとり消費量が日本一だったことがあるのです。
2013年(平成25年)で、11.7本/年(ちなみに2位は千葉県11.5本、3位は茨城県11.3本。全国平均は6.9本)。

このデータ、よくわかりません。
なぜなら翌年の2014年(平成26年)は、1位青森県13.2本、2位静岡県13.0本、3位山梨県11.6本で、福井県は7位の9.5本。

2015年(平成27年)はまだ無いのかな?気になります。

そうはいっても、1位でも7位でも、全国的に見て、福井県はやきとり人気が高いことが伺えます。

その理由がですね、これまた凄くて・・・
「秋吉があるから!」
です(^▽^)

正式には『やきとりの名門 秋吉』
全国で110店舗以上。
特に福井、石川、富山、大阪、東京は10店舗以上あります。
なので、福井の会社だと思っていない大阪、東京の方も多いみたい。
創業店(今は無いみたい)は福井市のようですが、
敦賀市にも3店舗(1店舗は持ち帰り専門店)あるようで、敦賀中央店へと向かいました。

a-aki01
けっこう広々とした造りです。
L字型のカウンターがずらーっと奥まで。
小上がりもあります。

a-aki03

火柱を見ると「美味しそう」と思ってしまいます(汗)

a-aki02

メニューは、どこの店舗でもほぼ同じみたい。
安心感がありますね。
私は東京や大阪では時々伺います。

a-aki04

『秋吉」といえば「純けい」
5本で320円!

a-aki05

「秋吉日本酒」がありました♪
ちょっと辛め。熱燗で頂きました。

a-aki08a-aki06

トマトも。

a-aki07

さて「純けい」登場。

a-aki09

このカウンター越しのステンレスの部分ですが、温かいのです。なので、やきとりが冷めにくい!
『秋吉』が有名になった1つの理由が、これ。

a-aki10

小ぶりですが、しっかりとした旨みがあります。ジューシー♪
厳選されたメス鶏だけを使用。塩焼き。

a-aki11

卓上には「肉タレ」(甘めのタレ)と「からし」が来ました。
これで味の変化も楽しめます。
いちおう、タレごとにオススメの串が決まってはいるものの、お好みで何につけてもいいみたい。

a-aki12

あと、卓上に常備されている「ニンニクなんば」を合わせてもいいとか。

a-aki13

他にも数串いただきました。
もちろん、やきとりも美味しいですが、店長さん以下、スタッフの皆さんがとてもアットホーム。
それも敦賀中央店が人気な秘訣です。

a-aki14

とても勉強になりました!!!
ごちそうさまでした!!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加