やきとり徒然ブログ - 2015.01.15

豊橋やきとり

お世話になっております。
名誉館長の、はんつ遠藤です。

豊橋市に行ってきました。
市電がほのぼのと走っています。
かつては吉田城がありました(現在は城跡)。
人口的には増加中で、
キャッチフレーズは「ええじゃないか!豊橋」

a-IMG_9537

実は愛知県はうずら卵の生産では全国シェアの約70%を占め、
さらに豊橋地域は、県全体の約85%を占めて全国一の産地を形成しています。
現在、豊橋地域では27戸の養鶉農家が約310万羽を飼育していて、1日当たり250万個余の産卵量となるそう。
日本唯一のうずら専門の農協、豊橋養鶉農業協同組合も存在しています。
ということは、豊橋には、うずらを使用したご当地やきとりがあるわけですね。

うずらの丸焼き。
旭川の新子焼きより、ずっと小さいです。

a-IMG_6006

うずらの卵。しかも、殻付き。
室蘭みたいですね。
一説によると、室蘭より豊橋のほうが古いらしい。

a-IMG_6004

豊橋やきとり、でした♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加