やきとり徒然ブログ - 2013.07.20

久留米やきとり「鉄砲」

お世話になります。
名誉館長の、はんつ遠藤です。

前回は7大ご当地やきとり処である福岡県久留米市をご紹介させて頂きました。
久留米のやきとりをご存じでしょうか? これがまた、超個性的です。
なんせ、メニューを拝見すれば、真っ先に、目に飛び込んでくるのが……
ダルム! ??? もう、最初から「?」です。
しかも、次に「ヘルツ」。もう、なにがなんだか。

実は、久留米のやきとりは鶏だけではなく、豚や牛、馬なども串にささります。 その中で「ダルム」とは他地域で「シロ」とも呼ばれる豚や牛などの腸、 「ヘルツ」は「ハツ」すなわち心臓のこと。
これはですね、従来から久留米には医学部や医大が多いのが所以。 つまりは医学用語がドイツ語ゆえ、そこから派生して、やきとり用語にもドイツ語が使われたというのが定説です。

a-teppou1

そんな久留米のやきとりは戦後の屋台から始まったようです。 そして、今では市内に約180軒。 その中でも人気なのが、「全や連総本店 東京」にも出店している「鉄砲」です。

a-teppou2a-teppou3a-teppou4

本店は繁華街の日吉町。創業者の木下敏光さんは、地元、久留米の出身ですが、大阪の有名ホテルのフレンチなどで8年間、その後、様々な飲食店で経験を積み、昭和54年に28歳で、やきとりに未来を感じて、独立しました。

a-teppou5a-teppou6a-teppou10

久留米ゆえにもちろん「ダルム」はありますが、イチオシは「巻物串」。今でこそ珍しくなくなった巻物串ですが、「エノキ巻」「アスパラ巻」「しそ巻」など、今から30数年前から提供している、いわば先駆者的存在です。

a-teppou11

そして、さらに面白いのが「センポコの酢のもの」。 「センポコ」とは牛の大動脈。 これを茹でてから細切りにした酢のもの。お酒のおつまみにも最適です♪

鉄砲 久留米本店
福岡県久留米市日吉町107?2
0942?32?0338
  • このエントリーをはてなブックマークに追加