やきとり徒然ブログ - 2013.07.07

今治やきとり「まる屋」

お世話になります。
名誉館長の、はんつ遠藤です!

前回はご当地グルメである「今治やきとり」で名を馳せる愛媛県今治市をご紹介させて頂きましたが、今回は、実際に「今治やきとり」をクローズアップ。
毎回こうやって「全や連総本店 東京」で味わえるものを順番にご覧いただいておりますが、特に変わっているのが今治のなんです。
というのも、やきとりが鶏じゃなくて、豚だったり、牛だったりといろいろあると言えども、その殆どは串に刺さっています。
が、こちらのは、鶏皮という、鶏は鶏なんですが、串にすら刺さっていません(汗)。
これが、今治のやきとりなわけです。

鉄板の上に細かく刻まれた鶏皮を載せ、さらに鉄板で挟み焼きみたいにして、押しながら、ジュウジュウと焼いて行く料理。中は柔らかく、外がカリカリの仕上がり。

a-maruya1

そんな一品を頂けるのが、「まる屋」。
今治駅から徒歩約20分の住宅地の中に、ポツンと建っています。
もっと駅に近いとか、大通り沿いにあるとか思っていたので、私自身もちょっとびっくり。
でも、連日大盛況です。

a-maruya2

ご主人は徳永圭子さん。10数年まえに店を構えました。
女性ならではの気遣いと居心地の良いアットホームな雰囲気もあって、人気があるのでしょう。
もちろん、料理のレベルも高し! 今は息子さんも厨房で腕をふるうので、まだまだ暫く安泰そう。

a-maruya3

こちらが「皮にんにく」と呼ばれる一品。 塩、胡椒、ニンニクテイストがいいですね?
冷めてきたら特製の甘めのタレをかけて、味わいましょう。
「まる屋」には、ほかにも名物が目白押し。
例えば・・・

a-maruya4

ロシアンざんき なんと、ざんき(鶏の唐揚げ)の中にひとつだけ、激辛バージョンが!!
まぁ激辛とは言っていますが、そんなに大変な事になるほどの辛さじゃないです。
おいしさの中に辛さがある、そんな一品です。

まる屋
愛媛県今治市旭町4?3?32
0898?32?3638
  • このエントリーをはてなブックマークに追加