やきとり徒然ブログ - 2013.06.07

東松山やきとり「ひびき」

埼玉の東松山からは「ひびき」が出店なさっています。
本店は、東武東上線の東松山駅東口に降り立った、駅前。一番目立つ角地に店舗を構えています。

a-hibiki1

清潔感漂う店内は広く、一人でも家族連れでも気軽に入れる雰囲気。 東松山駅前本店のほか、7店舗。テイクアウトも含めると10数店舗。

a-hibiki2

ひびき 東松山駅前本店
埼玉県東松山市箭弓町1?13?15
0493?25?1184

もともとは戦後に日疋道夫さんが東松山で養豚養鶏場を始め、様々な店舗に卸していたそう。 2代目の時には「箭弓亭」「トマト」というやきとり店もなさっていたとか。 一時期、廃業しましたが、孫である好春氏がテイクアウト店として復活。実店舗も構えるようになり、現在に至ります。

東松山の「やきとり」の一番の特徴は、鶏ではなく、豚であるということ。 いわゆる「やきとん」なんですね?。 「ひびき」では串の種類も豊富で、「彩の国黒豚」を頂けば、やきトン串の香ばしさ、豚バラなどの脂の甘さに驚きます。また特選かしら串などのぎゅっと詰まった旨さも特筆もの。

a-hibiki3

で、ここにですね、「みそだれ」をつけて味わうのが、東松山の流儀。 「ひびき」のみそだれは、モンドセレクション「最高金賞」を5年連続で取得しているほどで、みその風味とピリ辛な味わいが混然一体となって攻めてきます。

食材はトレーサビリティを重視し、生産地から取得日に至るまで公開して「食の安全」を追求しているほど。 そんな真面目さが串に、みそだれに、表れています♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加