やきとり徒然ブログ - 2018.06.07

【東京】立石・豚燻

お世話になっております♪
名誉館長の、はんつ遠藤です!

久々に東京は葛飾区の立石に。
立石といえば「飲み屋の聖地」とか「飲み助の聖地」とか言われるように、渋い居酒屋さんから新進気鋭、立ち飲みと様々な形態の飲食店さんが軒を連ねる地。
再開発で、少しずつ変化はしているものの、まだまだ昭和的な雰囲気が色濃く残る街です。
そんな立石で一番有名なのは「宇ち多”」です。
もつ焼きやさん。最近は特に人気が凄くて、お昼すぎにはすでに行列が。
というわけで、新規開拓に。
今回は北口へと向かいました。
そうしたらメイン通りの途中に新しめの店舗がありました。
やきとん「豚燻」(ぶたくん)。
東松山に代表される豚串は、東京では”やきとん”と呼ばれることが多いです。



さっそく店内へ。
でもお店はオープンして1年くらい経っているそう。



まずは生ビール。



メニューを拝見すれば、オーソドックスな豚串が並んでいます。
「秋元屋」から独立した「ひなた」の流れを汲んでいるみたい。


待っている時は、お決まりの冷やしトマト。



そして串が登場です。
レバー。豚なので、重厚感あり。



しろ
くにゅくにゅした食感もいいです。大きめ。



なんこつ
器官ですね。わりとコリコリで美味。


つくね
これだけは鶏でした。俵型で、香ばしい焼き具合♪


あぶら
立石「宇ち多”」で大人気ゆえ、この界隈も「あぶら」を出しているところが多いです。
まさに脂身なんですが、ジューシーでGOOD。



かしら
焼き具合しっかり。食べ応えあり。



丁寧で真面目な仕事が光る1軒でした。
おいしかった!!
ごちそうさまでした!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加