やきとり徒然ブログ - 2018.01.30

【東京】両国・国技館やきとり

お世話になっております。
名誉館長の、はんつ遠藤です!

突然ですが、大相撲で有名な、東京の両国国技館。
その地下が巨大な”やきとり工場”になっていることは、ご存知でしょうか?
なんでも、国技館サービスの人たち約50名で焼いているらしいです。
それが、この「国技館やきとり」



大相撲観戦のおともに販売なさっているわけですが、
最近では東京駅などでも。
私は上野駅にある「駅弁屋」で、ゲット♪



正肉3本とつくね2本で、650円。



正肉は、結構、大きいカット。
食べ応えもあります。



つくねは、王道の団子型。
奇をてらわない、昔ながらの味わい。



それにしても、なぜ国技館でやきとり?
それはですね
鶏は2本足。
相撲では手をついたら負けなので、4つ足は縁起が悪いとされ、そのため、鶏=やきとりなんだとか。

勝負事の前に味わうのも良いかもしれません♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加